無理なケアは控えるべし!

薄毛治療のいろは~コンプレックス解消で人生楽しもう~

具体的な方法

医者

一口に薄毛治療といっても、その治療方法はさまざまです。
各美容外科やクリニックに寄って取り揃えている治療法が違うので、その点をまずは確認しておきましょう。
薄毛治療の方法は、基本的に「植毛」などの外科的な手術、「発毛剤」、「育毛剤」、「治療カクテル」などの薬物療法、成長因子や脂肪幹細胞を頭皮に直接注入する再生療法などがあります。
それぞれの治療法の効果と、自身の薄毛の症状を照らしあわせ、どの治療法を見極めるかが大事です。
中には体質に合わず、思ったより効果が実感できなかった、ということもありえるからです。

それぞれの治療方法をおおまかに紹介します。
まず「植毛」は、その名の通り頭皮に一本一本髪の毛を植えていくというものです。
少し前まで、植毛は「メスを使って頭皮に髪の毛を植えていく」というものだったので不安になる人もいるのではないでしょうか。しかし、最近では植毛技術が進化し、メスを使用しない安全な植毛手術が主流になってきています。
次に、発毛剤や育毛剤、育毛カクテルを使った薬物治療があります。
これらの治療法は、他の薄毛治療と併用できるものが多いという特徴があります。「薬物療法は副作用が心配」という人も多いのですが、現在の薬物治療は副作用もほとんどない、安全な薬を使う方法が主流になってきているので、安心して服用することができます。また、漢方薬を使って薄毛治療をサポートする方法も注目されてきています。

最後に、再生療法についてです。
この再生療法にも、いくつかのパターンが有ります。
具体的な例をあげると、「自身から吸引した脂肪の幹細胞を、頭皮に直接注入する方法」、「高濃度な成長因子を頭皮に直接注入し、発毛を促す」というものがあります。前者は、幹細胞を頭皮に注入することで発毛を促す毛包幹細胞を直接刺激し、発毛を促す効果があります。今ある髪の毛の成長を促したい、という人に向いている治療です。
後者の治療は、頭皮に成長因子を注入することで、毛髪の成長シグナルを正常にして髪の量を増やしたり、薄毛の進行を防いだりする効果が期待できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加