無理なケアは控えるべし!

薄毛治療のいろは~コンプレックス解消で人生楽しもう~

生活習慣

絶望する男性

薄毛と一口にいっても、人によってその症状の程度は違ってきます。
性別の違い、年齢の違い、または体質によって、薄毛が重度か軽度かは違ってくるのです。
薄毛が軽度の場合は、普段の何気ない生活習慣を見直して正すことで十分に解消することができます。
また、生活習慣を正すことは薄毛の改善だけでなく、薄毛の予防にも繋がります。
薄毛の予防・改善をするためにも、まずは何気ない生活習慣を見直してみましょう。

薄毛を引き起こしてしまう生活習慣の1つとして、「運動不足」があげられます。
体を動かすことは、体全体の血行をよくして全身に栄養が行き渡るように繋がります。
しかし、運動をしないと血行が悪くなり、育毛・発毛に不可欠な頭皮にも栄養が行き渡らなくなってしまいます。その結果、薄毛に繋がると考えられています。このように薄毛と運動不足は間接的な関係ですが、しっかりと結びついているのです。運動不足だという自覚がある方は、まずは体を少しずつでも動かしてみることを心がけましょう。

塩辛いもの、味が濃いもの、脂っこい食事を好む人も、薄毛になりやすいといわれています。
薄毛に限らず、栄養の偏りは体全体に悪影響を及ぼします。頭皮への栄養が偏ってしまうと、発毛・育毛に必要な栄養が満足に取れない状態になってしまいます。髪にも体にもバランスの良い栄養をとるように心がけることが大事です。揚げ物、肉料理、ラーメンやスナック菓子といったものは控えめにして、ミネラルやビタミンといったものが多く摂れる食事をとるように心がけましょう。

また、睡眠時間や睡眠の質も、薄毛に大きく関わる要素だといわれています。睡眠時間が不規則だと、昼間に受けた髪の毛のダメージがきちんと回復されません。頭皮や髪の毛が休む時間も乱れてしまうので、昼夜逆転の生活を送っている人は要注意です。また、髪の毛は睡眠中に成長すると考えられています。髪の毛をしっかり成長させるためにも、睡眠は適切にとることが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加